čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŽã‚Šã‚“ã”äēēį”ŸđŸ

ã‚Šã‚“ã”ãĄã‚ƒã‚“ãŽäēēį”Ÿã‚’ã˛ãŸã™ã‚‰įļ´ã‚‹æ—Ĩ記

äŧšį¤žãŽäēēãŸãĄãŽæ¸Šã‚‚ã‚Š

こんãĢãĄã¯ã‚˛ã‚­ã ã•ã‚Šã‚“ã”ã§ã™ã€‚


æœŦæ—Ĩは支åē—é•ˇã¨éĸčĢ‡ã‚’した。

ãĒんか、ぞた怒られãĒかãŖた。

逆ãĢ支åē—é•ˇã‚‚čŠąã‚’čžã„ãĻくれãĻ、į›¸čĢ‡ãĢ乗ãŖãĻくれた。

僕はį ”įŠļã€æŠ€čĄ“ãĢこだわりすぎãĻいãĻã€č‰¯ã„æŠ€čĄ“ã€č‰¯ã„čŖŊ品ãĒらåŋ…ずおåŽĸ様ãĢ財ãŖãĻもらえるīŧã¨æ€ã„こんでいãĻ、原際ãĢå–ļæĨ­ã‚’įĩŒé¨“ã™ã‚‹ã¨ã€æŠ€čĄ“ã‚‚å¤§äē‹ã ã‘おそれより大切ãĒぎはおåŽĸ様とぎã‚ŗミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗ、äŋĄé ŧé–ĸäŋ‚ãĒんだというゎãƒŖップãĢį´åž—できãĻいãĒかãŖた。

č‰¯ã„čŖŊ品でおåŽĸ様ぎためãĢãĒるäģ•äē‹ã‚’、こぎį†æƒŗばかりčŋŊいかけãĻきた。

ãŠã“ã‹ãŽæŸã‚˛ãƒŧムぎä¸ģäēēå…ŦãĢæœĒæĨぎä¸ģäēēå…Ŧが告げる、『į†æƒŗæŠąã„ãĻæēēæ­ģしろ』が頭をよぎるね、、、

č‡Ē分がį”Ÿãã‚‹ãŸã‚ãŽį†į”ąã‚’外ãĢčĻ‹å‡ēすからこうãĒる。


支åē—镡ãĢã¯é•ˇã„į¤žäŧšäēēį”Ÿæ´ģを送ãŖãĻいけばきãŖと、りんごくんも分かãŖãĻくる。

čžžã‚ã‚‹ãĢは惜しい、č‡Ēåˆ†ã‚‚æ˜”čžžã‚ã‚ˆã†ã¨æ€ãŖたりした、1äēēもäŧšį¤žãĢį›¸čĢ‡ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ãĒč‹ĨいäēēもいãĒくãĻå¯‚ã—ã„æ°—æŒãĄã‚‚ã‚ã‹ã‚‹ã€ã¨ãĒんでたかだか2、3嚴ぎ新äēēãĢ、äŧšį¤žãĢäēēもäŊ™ãŖãĻã‚‹ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻる中、そんãĒãĢ気ãĢかけãĻくれるぎか分からãĒかãŖた。

é–ĸæąčŋ‘く、į ”įŠļや品čŗĒįŽĄį†ãŽäģ•äē‹ãĢį•°å‹•ã§ããĒいかかけあãŖãĻãŋã‚‹ã¨ãžã§č¨€ã‚ã‚ŒãŸã€‚

ãĒんでīŧŸčžžã‚ã‚ˆã†ã¨ã€äŧšį¤žãĢčƒŒã‚’å‘ã‘ãŸãŽãĢãĒんでそこぞでしãĻくれるぎīŧŸ

情けãĒさすぎãĻ、æœŦåŊ“はæļˆãˆãĻしぞいたいくらいだãŖた。

こぎäģ•äē‹ãŒåĢŒīŧã‚ãŖãĄãŒã„ã„īŧãŖãĻ子䞛ãŋたいãĒã“ã¨č¨€ãŖãĻるč‡Ē分ãĒんãĻさãŖと、わかãŖたはいさようãĒらãŖãĻしãĻくれれば、äŧšį¤žãŽč˛ æ‹…ãĢãĒらãĒいぎãĢ。

支åē—ãŽãŠčˇį‰ŠãĢãĒãŖãĻるだけãĒぎãĢ。

かãŖこæ‚ĒくãĻ、バã‚Ģãŋたいだおれ。


äģ•äē‹ã¯į”Ÿãã‚‹ãŸã‚ãĢ、į”Ÿæ´ģするためãĢやるんだよ、į”Ÿæ´ģとäģ•äē‹ã¯50:50ãã‚‰ã„ã§ã„ã„ã—ã€æ°—æŒãĄãŒäš—ã‚‰ãĒい時はäŧšį¤žãĢおんãļされãĻおけばいい、そしãĻ元気ãĢãĒãŖた時恊をかえせばいいんだよ、äŧšį¤žãŽãŸã‚ãĢとãƒĻãƒŧã‚ļãƒŧぎためãĢとįŸ­ã„į¤žäŧšäēēįĩŒé¨“ぎ中で、äģ•äē‹ã‚’しãĻきた僕ãĢとãŖãĻ、ぞさãĢ青夊ぎ霚靂ãĒč¨€č‘‰ã§ã‚ãŖた。

そんãĒことでįĩĻ料をもらうぎはč‡Ēåˆ†ãŒč¨ąã•ãĒいそう感じた。


äŊ•ã‚ŒãĢしãĻもįĻå˛Ąã§ãŽå–ļæĨ­ã¯äģŠåš´ã§æœ€åžŒã ã‚ã†ã€‚

æœŦåŊ“ãĢこぎ選択č‚ĸで間違いãĒかãŖたぎかãĒ。

å–ļæĨ­ã¯æˆ‘æ…ĸすればできたんじゃãĒいぎかãĒã¨ã‹ã€č€ƒãˆã‚‹ã€‚

我æ…ĸができãĒいおうしようもãĒさすぎる。


ねえ、čĒ°ã‹æ•™ãˆãĻよ、ãĒんãĻč€ƒãˆãĻる時į‚šã§ãƒ€ãƒĄãĒんだよ。


æļˆãˆãĻしぞいたい