čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŽã‚Šã‚“ã”äēēį”ŸđŸ

ã‚Šã‚“ã”ãĄã‚ƒã‚“ãŽäēēį”Ÿã‚’ã˛ãŸã™ã‚‰įļ´ã‚‹æ—Ĩ記

不厉厚ãĒį˛žįĨž

æ–°åš´åēĻをčŋŽãˆã€16å’ãŸãĄãŒæ–°į¤žäŧšäēēとしãĻä¸€æ­Šã‚’č¸ãŋå‡ēした頃、į§ã¯ã¨ã„うとéŦąį—…一歊手前ぎį˛žįĨžįŠļæŗãĢé™ĨãŖãĻいる。
åŧąã„į˛žįĨžã ã¨ã„うぎは分かãŖãĻã„ãŸãŒã€ãžã•ã‹ã“ã“ãžã§ãƒĄãƒŗã‚ŋãƒĢæŋ€åŧąãƒžãƒŗだとは思ãŖãĻもいãĒかãŖた。
č‡Ē分ãĢå¤ąæœ›ã—ãĻいる。

æ–°ã—ã„čˇå ´ã§ãŽäģ•äē‹ãŽå†…åŽšã€čˇå ´ãŽäēēãŸãĄã¨ãŽäģ˜ãåˆã„、おåŽĸさんとぎäģ˜ãåˆã„、おれもこれも不厉で不厉でしãĢたくãĒる。
昨æ—Ĩ、į€äģģしãĻ1æ—Ĩį›Žã§ã™ã§ãĢæŗŖきそうだãŖた。
ぞだ、新しいäģ•äē‹ãŒå…ˇäŊ“įš„ãĢおんãĒäē‹ã‚’やるぎかもわかãŖãĻいãĒいぎãĢ、ただただ不厉ばかり募りį„Ąį†ãĢãĒãŖãĻいた。
ã•ã™ãŒã€ãƒĄãƒŗã‚ŋãƒĢæŋ€åŧąå…ƒéŦąį—…マãƒŗである。

こぎ感čĻšã€ãŠã“かčĻ‹čĻšãˆãŒã‚ると思ãŖたら、į§ãŒåˆã‚ãĻéŦąį—…â€Ļâ€Ļæ­ŖįĸēãĢは遊åŋœéšœåŽŗだけお、ãĢãĒãŖた時とįŠļæŗãŒäŧŧãĻいる。

初めãĻéŦąį—…ãĢãĒãŖたぎは大å­Ļį”ŸãŽæ™‚である。
į ”įŠļ厤ãĢé…åąžã•ã‚Œã€į§ã¯ã¨ãĢかくæĨŊしãĻ卒čĢ–ã‚’įĩ‚ãˆãŸã„ã¨č€ƒãˆãĻいた。
īŧˆãã‚“ãĒã“ã¨ã‚’č€ƒãˆãĻいたくせãĢã€é€˛čˇ¯ã¯å¤§å­Ļé™ĸとかいうį¤žäŧšã‚’ãƒŠãƒĄããŖãĻいた。īŧ‰
ボ゚はį ”įŠļãĢ寞しãĻįœŸéĸį›Žã§ã€å­Ļį”ŸãĢįŠæĨĩįš„ãĢį ”įŠļãĢ取りįĩ„んでãģã—ã„ã¨ã„ã†æ–šé‡ãŽč‰¯ãį ”įŠļč€…ã§ã‚ãŖた。
æĨŊしたいį§ã¨į ”įŠļãĢį†ąåŋƒãĒボ゚。
ボ゚ぎ斚針ãĢäģ˜ã„ãĻčĄŒã‘ãšã€č‡Ēåˆ†ãŽé€˛čˇ¯ãĢ不厉ãĢãĒり、勝手ãĢéŦąį—…ãĢãĒりį ”įŠļ厤をäŧ‘んだ。
äģŠč€ƒãˆã‚‹ã¨ãƒ›ãƒŗトクã‚ēæĨĩぞりãĒい。
それから、ぞぁ、įˇ¨å…ĨしたことãĢよãŖãĻåŋ…äŋŽå˜äŊãŒãŠã†ã—ãĻも2嚴では取り切れず、äģ•æ–šãĒしãĢį•™åš´ã—たâ€Ļâ€Ļåģē前上ね。
æœŦéŸŗは大å­Ļé™ĸãĢãŠã†č€ƒãˆãĻã‚‚čĄŒããŽį„Ąį†ã ã‹ã‚‰ã€å°ąčˇį•™åš´ã—ãĻå°ąæ´ģをしたというâ€Ļâ€Ļ新卒ぎã‚Ģãƒŧドを切りたくãĒかãŖたからį•™åš´ã—た。

そぎåŊ“時はボ゚ãĢ大変ごčŋˇæƒ‘をお掛けした。
こぎ場を借りãĻčŦįŊĒと、į•™åš´ã‚’させãĻくれた感čŦã‚’。
â€Ļâ€Ļâ€ĻãĄã‚ƒã‚“ã¨å’æĨ­å‰ãĢボ゚ãĢはčŦãŖãĻきぞしたよīŧ

それがäģŠã€ã‚ぎåŊ“時と同じようãĒįŠļæŗãĢãĒãŖãĻいる。
čģĸ勤ãĢäŧ´ã†čˇį¨ŽãŽå¤‰æ›´ã€‚
新しいことをčĻšãˆã‚‹ã“と、čĻšãˆãã‚Œã‚‹ãŽã‹ä¸åŽ‰ã€‚
å–ļæĨ­ã¨ã„うことで土æ—Ĩčŋ”上でäģ•äē‹ã‚’することもしばしば、äģ˜ãåˆã„とかぎéŖ˛ãŋäŧšã€äģ˜ãåˆã„ぎゴãƒĢフ、、すずãĻがåĢŒã ã€ã€‚
土æ—ĨはしãŖかりäŧ‘ãŋたい、éŖ˛ãŋäŧšã—たくãĒい、ゴãƒĢãƒ•ã¨ã‹å…¨ãčˆˆå‘ŗãĒいぎãĢč‡Ē分ぎįĩĻæ–™ã§é“å…ˇã‚’æƒãˆã‚ã¨č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã€‚

でもäģŠåēĻã¯ãĄã‚ƒã‚“ã¨äš—ã‚ŠčļŠãˆãĒいと駄į›Žã ã€‚
同じことは2åēĻ3åēĻã‚ã‚‹ã¨ã¯č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã‘ãŠã€â€œã“ã‚Œâ€ãĢついãĻはäŊ•å›žã‚ãŖãĻも困る。
やãŖãĻãŋãĒきゃ分からãĒいんだよ。
頭では分かãŖãĻいるぎãĢ、åŋƒãŒäģ˜ã„ãĻこãĒい。
äģŠã‚’äš—ã‚ŠčļŠãˆãŸãĒらきãŖと、äģŠåžŒãŽäēēį”ŸäŊ•ãŒčĩˇããĻã‚‚äš—ã‚ŠčļŠãˆã‚‰ã‚Œã‚‹ã€ãã‚“ãĒ気さえするぎだ。

やらãĒきゃやらãĒきゃãŖãĻ思うぎも逆劚果。
éŦąãĢãĒãŖたことあるからこそ分かることもある。
あぎ時と違うぎはäģŠã¯æ”¯ãˆãĻくれるäēēがいること。

こぎ土æ—Ĩã§ãƒĄãƒŗã‚ŋãƒĢ回垊をさせる。
čģĸčˇã¯ã™ã‚‹ã‘ãŠã€ãžãšã¯į›ŽãŽå‰ãŽäģ•äē‹ã‚’ã‚„ãŖつけãĒいと。

こぎブログをčĒ­ã‚“でくれるäēēã¯ã€ã‚Šã‚“ã”ãĄã‚ƒã‚“ãŒãŠã†ã—ã‚ˆã†ã‚‚ãĒいクã‚ēだということがお分かりいただけたと思う。
čĻ‹æ¨ãĻãĒいでもう少しだけ、čĻ‹ãĻやãŖãĻください。

ã‚ã€ã“ã„ã¤æˆé•ˇãĒいãĒãŖãĻ思ãŖた時į‚šã§ãƒã‚¤ãƒƒīŧã—ãĻくださいãĒ。

逃げ回るč‡Ē分とæąēåˆĨを。
がんばろう

おわ。