?りんご人生?

りんごちゃんの人生をひたすら綴る日記

不安定な精神

新年度を迎え、16卒たちが新社会人として一歩を踏み出した頃、私はというと鬱病一歩手前の精神状況に陥っている。
弱い精神だというのは分かっていたが、まさかここまでメンタル激弱マンだとは思ってもいなかった。
自分に失望している。

新しい職場での仕事の内容、職場の人たちとの付き合い、お客さんとの付き合い、どれもこれも不安で不安でしにたくなる。
昨日、着任して1日目ですでに泣きそうだった。
まだ、新しい仕事が具体的にどんな事をやるのかもわかっていないのに、ただただ不安ばかり募り無理になっていた。
さすが、メンタル激弱元鬱病マンである。

この感覚、どこか見覚えがあると思ったら、私が初めて鬱病……正確には適応障害だけど、になった時と状況が似ている。

初めて鬱病になったのは大学生の時である。
研究室に配属され、私はとにかく楽して卒論を終えたいと考えていた。
(そんなことを考えていたくせに、進路は大学院とかいう社会をナメきっていた。)
ボスは研究に対して真面目で、学生に積極的に研究に取り組んでほしいという方針の良き研究者であった。
楽したい私と研究に熱心なボス。
ボスの方針に付いて行けず、自分の進路に不安になり、勝手に鬱病になり研究室を休んだ。
今考えるとホントクズ極まりない。
それから、まぁ、編入したことによって必修単位がどうしても2年では取り切れず、仕方なしに留年した……建前上ね。
本音は大学院にどう考えても行くの無理だから、就職留年して就活をしたという……新卒のカードを切りたくなかったから留年した。

その当時はボスに大変ご迷惑をお掛けした。
この場を借りて謝罪と、留年をさせてくれた感謝を。
………ちゃんと卒業前にボスには謝ってきましたよ!

それが今、あの当時と同じような状況になっている。
転勤に伴う職種の変更。
新しいことを覚えること、覚えきれるのか不安。
営業ということで土日返上で仕事をすることもしばしば、付き合いとかの飲み会、付き合いのゴルフ、、すべてが嫌だ、。
土日はしっかり休みたい、飲み会したくない、ゴルフとか全く興味ないのに自分の給料で道具を揃えろと言われる。

でも今度はちゃんと乗り越えないと駄目だ。
同じことは2度3度あるとは言われるけど、“これ”については何回あっても困る。
やってみなきゃ分からないんだよ。
頭では分かっているのに、心が付いてこない。
今を乗り越えたならきっと、今後の人生何が起きても乗り越えられる、そんな気さえするのだ。

やらなきゃやらなきゃって思うのも逆効果。
鬱になったことあるからこそ分かることもある。
あの時と違うのは今は支えてくれる人がいること。

この土日でメンタル回復をさせる。
転職はするけど、まずは目の前の仕事をやっつけないと。

このブログを読んでくれる人は、りんごちゃんがどうしようもないクズだということがお分かりいただけたと思う。
見捨てないでもう少しだけ、見てやってください。

あ、こいつ成長ないなって思った時点でポイッ!してくださいな。

逃げ回る自分と決別を。
がんばろう

おわ。