?りんご人生?

りんごちゃんの人生をひたすら綴る日記

依存、転勤、営業、仕事の意義 その2

もしかしたら元恋人の近くで営業だったらどうなってたかなと考えたけど、意外に出来るんじゃないかなとは思う。

関東なら友達もいるし、ワイワイしながら営業できたのかもしれないけど、でもそれは今起きた問題を先送りしてるだけでいずれ同じ結末になってただろう。


それもこれも自分に自信が無いことからくるものなのだろう。

自分に自信が無い→相手に認めてもらいたい→相手のために頑張る→褒められる→嬉しいもっと褒められたいから相手のために頑張るぞ!、自分はそこには無い。

すごいねたえちゃん、、りんごちゃんって実は虚像だったのかも!


いろいろ煮詰まりすぎて、じゃあ仕事って何なんだろうとか考えだす始末。

仕事でこういうことを実現したい!こうなりたい!って考えてたから営業になって反発してた。

でも企業で働く以上、転勤も職種変更もありうることだし、仕事に対してこうあるべき!って考えてると働けないんじゃ無いかなとか。

仕事はあくまで人生を充実させるための手段であって、目的ではない、こんなふうに考えられたら生きやすいのかな。

仕事って何のためにやるんだ、やりたいことってなに、、、うつ病一歩手前やっほー。


僕の性格は0か100です。

100の時はハイテンションすぎて周りにはうざいと言われる。けど、100の時はなんでも前向きで色んなことに挑戦したくなる。

0になるとなにに対してもやる気が起きない。周りが怖い。テンションが上がらないから会話ができない。

中間はない。白黒でしかあらわせない。


今の0の性格から脱却するのは簡単。

今の環境から脱出すればいい。

常に100の自分でいたい。

0の自分はさよなら。

解決方法は簡単だけどそれはあくまで一時凌ぎなんだよね。

根本を変えないとなんど同じことになっても変わらない。

自分を楽しませる術を知らないと。

昔はオタク趣味ひとすじだったのになんでこうなったのやら。

けど、やっぱり今の環境だと力がわかない。

やるぞー!ってときは心の底から気持ちが溢れてきてコントロールできないんだけど、それがない。

ほんと我ながら生きにくくて、扱いにくいこころでお手上げです。。

性格の大元は変えられないと思うけど、歪みを矯正することくらいはできると信じてる。

あとは精神のコントロールの術を身につけることだよね。


競争が苦手だから、お客さんから良い製品ない?って聞かれてうちより他社の方が魅力あるなって思ったらそっち紹介しちゃうアホ営業マンです。

最終ユーザーのために仕事をしたい、そう考えると人のために仕事をする公務員にすこし憧れる。

辞めるかどうか、なんかうつ病の可哀想な人のレッテル貼ってもらって実家近くの職場に異動させてもらえなか頼んで、異動できたらそこで転職活動しようかなとか思ってる。


以上、ゲキださなりんごちゃんの気持ちでした。

幸せになりたいな。

依存、転勤、営業、仕事の意義 その1

生きるってなんだろうと考える毎日、こんばんはりんごです。


すごく情けない話をすると、僕はどうやら恋愛に対して依存するタイプのようです。

依存と好きの境界ってなんだろうと考えたけど、相手が全てになって自分の欠落してるところを埋めてもらおうとする、そんな気持ちがもう依存なんじゃないかと。

もちろん、気になって好きになったからアプローチしたわけで、その時は純粋に好きだったのかなと。

でもきっと、心のどこかに満たされないものが常にあって、付き合い始めの頃は身を潜めてたけど、長くなるにつれてやっほーしてきたのかも。

とりあえず、少しでもこの依存を改善していかなきゃ、次の恋愛をしても同じことになるのかなとおもう。


閑話休題、もしかしてこの転勤が嫌だってのも、元恋人さんや友達がいる土地に対する未練だったのかなとか思ったり。

恋人に会いたい!→地方にいるとなかなか会えない!寂しい!→関東に帰りたいてきな。

たぶんこの理由が大半な気もする。

けど、営業が無理ってのは本当のことである。

多分、変化を苦手とするのだと思う。

ルーチンワークが得意。

研究は変化ばかりだけど、その変化が楽しい。

研究と営業の変化の違い、それは“人”が大きなキーワードなんじゃないかと思う。

営業の仕事ってもろ人に左右されて、飲ませて接待してよいしょして買ってもらう。

人と話すのは好き!だけど、ゆとりだからか分からないけど、人と話すのが仕事になると無理になる。

研究は元々科学好きだし、その変化すらなんでそうなるの?って自分で確認したくなる。

人という不確定要素で左右されない点がいい。まあ、自然というさらに不確定要素で結果が変わることもあるけど!

品質管理とか地味〜だけどあれも楽しいとおもう。

化学分析やりたい!微生物試験やりたい!栽培試験やりたい!機器分析やりたい!

、、、好きなことで飯食うのなんて難しいことは百も承知だけどさ、


メンタルが弱すぎる。

なんてったって、研究室生活で適応障害になったことあるザコメンタルだから、、

多分、〜こうするべき!〜であるべき!って考え方をするから行きにくいんだろう。

だから、柔軟にものを考えられないし、その自分の考えに沿わないと不満ばかり言ってしまう。

はい、もう完全な完璧主義ですね、だいたい完璧主義で真面目な性格鬱になりやすいとかいうの本当に当たってると思う。

だいたいこう調べてるとやれ、アダルトチルドレンとかなんだとか出てくるけど、まあ否定はしないけど、これのせいと原因にしたくない。

家族とかじゃなくて、結局これまで生きてきた人生で早くに気づいて対処してればこんな生きにくくならなかっただろつし。

今からでも遅くはないし、自分を変えていきたい。


乱文になったけど、分かってることは営業は続けられないということ。

転勤に関しては、恋いびとと別れてしまった今となっては、、って感じだけど、都会の生活への憧れがまだあるから少し分からない。


めちゃくちゃ気持ちを吐き出したいので、もうひとつ記事書いちゃう。

辞めたいと上司に伝えました

こんにちは。りんごです。

今週あたまに仕事を辞めたいと上司に伝えました。

転勤して数ヶ月しか経ってないため怒られるだろうなと思ってたのですけど、怒られるどころか逆に話を聞いてくれました。

営業がずっとストレスだったこと、研究・技術職へのこだわり、福岡に慣れないこと、会社への不満全部言っちゃった。

たぶん、辞めたい理由は仕事のことだけじゃなくて、恋人さんのこともあったのだと思う。、、別れたけどね!

上司と副支店長にはできるかわからないけど、前の職場に戻してあげようかと提案された。


何にしても営業、自分にはすごくストレスになってしまう。

仕事なんて自分の人生の中を充実させるための手段と割り切れば、こんなに苦しくならないのかもしれない。

趣味はあるけど、家庭菜園今できる環境じゃないし、そもそも僕は畑を耕しながら植物を栽培するのが好きなのであって、家でちょこっとやるのでは満足できない(ベランダないからどっちみちつくれない)

自分に自信がない、人の目ばかり気になるこんな性格だから依存的だし、仕事にも適応できない


業界も厳しいし、主事業を取り巻く環境かなり厳しい。

この業界に携わっていたいけど、この会社だと厳しいのもわかる。

みなはどうおもいますか?

ほんと情けない生き方でしにたい



仕事を辞めること

お久しぶりのりんごです。


Twitterでも宣言したので知ってる人は知ってるかもしれないけど、

仕事を辞めることを決めました。

次は決まってない。

ボーナスもらって年内に辞める。

辞める理由は後ろ向きなものが多いけど、前向きなものもちゃんとあって、やっぱり技術屋でいたいという気持ちからかな。


一旦関東に帰って、やり直します。

人生のレールからなんてとうの昔から外れてるから、今更怖いものはもうない。

九州からの転職活動は、交通の面やお金で非常に労力がかかる。

今は気持ちがかなり落ち着いている。

実家に帰って趣味の家庭菜園楽しんで、再スタートを目指します。


無職ヤッホーイ


しにたい

自分の人生の棚卸し

りんごちゃんです。

今日は自分の人生の棚卸しをしました。

目先のこと(仕事が辛いなど)しか、見えてなかったから、これまでの人生を思い返せるだけ思い返してノートに綴りました。

いっぱい色んなことが見えてきました。

自分を形成する要因を一つ一つ洗い出して、分析して分解して細かいところまで分けました。

あまりにも考えすぎてパンクしそうだけど、この作業は大切なことだから投げ出さずに最後までやる。

まだもう少しかかりそうだ。

ブログにあえて自分の人生の軌跡を残すかとうと、自分への戒めと、こんなみっともなく這いつくばりながらも人生を足掻いてる人間がいるんだということを、誰かに知ってもらいたいのかもしれない。

あ、病んでるとかそんなことはない。

自分を見つめ直して、悪いところは反省して良いところは生かす、前向きな気持ちだよ。

これが、ダメだ俺にはもう、、!!ってなったらそれはメンタルがやられてダメダメになってしまうけどね。

自分の未来のために、いまやらなきゃならないことなんだ。

さあみっともなく生きるとしますかね

byりんごちゃん

もやもやした気持ち

こんにちは。
最近メンタルが死に気味のりんごです。

この数ヶ月、いや、もうずっと常にもやもやして生きてる。
特に今年はひどいけどね。
“生きがい・生きる目標”がきっと欠如してるから、いつももやもやして、自分に足りないものを探し求めて彷徨っている気がする。

昔はアニメとかマンガとかに興味を持つ、所謂オタクで、毎日アニメ見たりアニソン聞くのが楽しかった。
暇さえあればラノベ読んで、エロゲしてストーリーに感動して涙を流すこともあった。
ある時、突然アニメに対する熱が冷めた。
大人になったから〜で片付けるのは簡単だけど、同時に何にも熱中できず、空っぽな人間になってしまった。

それまでは熱中できる趣味があり、それが自分を形成する柱になっていたから、それが折れた時、私という人間は抜け殻になった。
そして、進路を考えることから逃げてきた私は、今まで趣味があったからこそ自分を保てていたけれど、その趣味すら失い完全に彷徨う亡霊となった。

社会人に2年目の終わりに面白い、興味のあることを見つけたが、それも異動に伴い自分の中でぽっきり折れた。

新しい自分の柱、熱中できる趣味=生きがいを探そうと色々なことに挑戦した。
登山、ボルダリング、読書、ジグソーパズル、一人旅などなど。
心が晴れることはなかった。
頭ではこのままではダメだと分かっていても、身体がついてこない。

無理矢理テンションを上げることは精神薬に頼れば、いつでもできる。
でもそうじゃない。
そんな一時凌ぎでどうこうなる時は過ぎた。

この現状を変えないといつか、最悪の場合になるのではないかとまるで他人事のように考えている自分がいる。
もう疲れてしまった。

無理矢理にでも何か運動をしたり、食生活を見直したりするべきなんだろう。

なんてつまらない人間になってしまったんだろうな。
救いを求めても解決できるのは自分だけ。
幸せになりたい

逃げ癖?いえ、反逆の時です

こんにちはみんなのりんごちゃんです。

 

ふと、思った。

もしかして逃げ癖がついているのんではないかと。

今の職場から逃げたい、営業から逃げたい・・・・etcなのかなって。

履歴書を書いていると、学歴のところが一般の人より書く行が多くなる。

編入・留年したから仕方ない。

もちろん、編入にも、留年にもちゃんと人に説明できる理由があるけれど、書類だけで判断されるなら、多分落ちるだろう。

加えて新卒3年以内に転職しようとしてるのだから尚更である。

編入したのはまぁ、本音はやりたいことがあるからというか、大学受験の時落ちたのがめちゃくちゃ悔しかったから見返してやるって気持ちが強かったからというね。

 

前にも書いたことあるかもしれない。

漠然とやりたいこともなく、奨学金の返金もあり、大学で学んだことを活かせるから今の会社に就職した。

就職当時は本当にふわふわしていた。

先輩・上司からの歓迎・仕事の説明も全く嬉しくないし、興味を持てず気づいたら寝てることもあった。

同期には同期内で一番最初に辞めそうだよなって真顔で言われたこともあった(実際そうなる)

自分は本当は何がしたくて、どうなりたいのかといつも悩み・考え不安に押しつぶされ、精神安定剤に頼ることもあった。

啓発本も読み漁ったこともあった。

私には同期や上司たちが、どんな想いを持って仕事をしているのか疑問でならなかった。

 

そんな私を変えるきっかけが昨年多くあった。

考えるよりやっていないと分からない、と思い始めた家庭菜園。

作物を栽培することの楽しさは分かった。

ある人たちとの出会い。

この人たちの仕事に対する情熱には非常に心が動かされた。

一緒に仕事をするようになって、毎日刺激を受けながら自分も負けてられないと思うようになった。

ある資格試験(化学関係)の勉強を始めたこと。

この資格の勉強を始めたのも周りにすごい!って言われたいからという不純な気持ちと、化学が大好きだからという気持ちのため。

この資格の勉強を始めてから益々、業務が楽しくなり究めていきたいと思うようになった。

 

だからこそ、徐々に“自分”という存在が進む道を見つけ、ギアが入り始めた矢先での職種変更を伴う異動によって、何かがポッキリ折れてしまった。

そんな甘ったれたこというな、異動なんて誰にでもある、若いうちは何でも経験だ、と多くの人は言う。

自分の物差しで私を測らないでほしい。

何のために生まれて、自身の存在理由を生きる意義を常に考えている。

その“答え”を私は見つけられそうなんだ。

 

死ぬその瞬間まで足掻いてやる。

転職、結婚、子どもができる・・・・人生の転機は多くあるだろうけれど、

俺は絶対に諦めない。

みっともなく足掻いて足掻いて、自分という存在の証明をしてやる。

 

逃げ癖?そう思ってろばーか!

さて、反逆の時だ。

もちろん自分への。

死ぬその時まで、走り続けようかね。

 

おしまい