čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŽã‚Šã‚“ã”äēēį”ŸđŸ

ã‚Šã‚“ã”ãĄã‚ƒã‚“ãŽäēēį”Ÿã‚’ã˛ãŸã™ã‚‰įļ´ã‚‹æ—Ĩ記

⭐ī¸č‡Ē分変靊⭐ī¸ そぎ1

ブログãŖãĻいいよね、一斚įš„ãĢč‡Ē分ぎかãŖこæ‚Ēいところ、æĨずかしいことį™ēäŋĄã§ãã‚‹ã—īŧ
、、、しãĢた、、こんばんはりんごです。

最čŋ‘、とãĢã‹ãč‰˛ã€…ãĒことãĢ挑æˆĻしようと思い、1äēēéŖ˛ãŋをよくするようãĢãĒりぞした。
é§…ä¸€ã¤čĄ—å´ãĢ行ãŖたところãĢįļēéē—ãĒ、バãƒŧがあり最čŋ‘ã‚ˆãčĄŒãã‚ˆã†ãĢãĒりぞした。
一杯500円というį ´æ ŧぎ値æŽĩでお酒を提䞛しãĻるバãƒŧãĢå…Ĩりæĩ¸ãŖãĻぞす^^
こぎバãƒŧでįŸĨり合ãŖたäēēãŸãĄã¨ã€įŸĨり合ãŖãĻ1ãƒļ月もįĩŒãŸãĒã„ã†ãĄãĢ、äģŠæ—Ĩおå‡ēかけしãĻきぞした←
äģŠåš´ã§äšåˇžæœ€åžŒã ã¨ã„うぎãĢ、äģŠãĢãĒãŖãĻã‚ãĄã‚ƒããĄã‚ƒįš‹ãŒã‚Šã‚’つくるという、、

ã“ã‚Œã¯ã“ã‚Œã§č‰˛ã‚“ãĒäēēとぎįš‹ãŒã‚ŠãŒã§ããĻæĨŊしい。
けお、åŽļãĢ帰るとやãŖãąã‚Šãƒã‚Ŧテã‚ŖブãĢばかりį‰Šäē‹ã‚’č€ƒãˆãĻしぞう。
äģ•äē‹ãŽã“と、元恋äēēぎこと、。
äģŠã¯č‰˛ã‚“ãĒįš‹ãŒã‚Šã‚’äŊœãŖãĻ周りãĢį›Žã‚’向けることも大äē‹ã ã‘れお、それäģĨ上ãĢč‡Ē分1äēēぎ時間を上手くã‚ŗãƒŗトロãƒŧãƒĢできるようãĢãĒらãĒいとīŧ
、というか世間一čˆŦぎäēēãŸãĄã¯1äēēぎ時間をおう過ごしãĻるんだろう、
äģŠåŽļã§ã§ãã‚‹čˆˆå‘ŗぎあること
ãƒģ映į”ģ鑑čŗž
ãƒģį­‹ãƒˆãƒŦ
1æ—Ĩ1映į”ģ、やるか、1äēē映į”ģ大åĨŊきだけお映į”ģ館でčĻ‹ã‚‹ãŽãŒåĨŊきãĒんだよãĒあ〜
有酸į´ é‹å‹•ã¯å¤§åĨŊきãĒんだけお、į­‹ãƒˆãƒŦはキツイからįļšã‹ãĒい、、有酸į´ é‹å‹•ã¯č‡Ē分をčŋŊいčžŧむぎがåĨŊきだからåĨŊきīŧãˆã‚€ã˜ã‚ƒãĒいですīŧ
あ、でも最čŋ‘ã‚ãĄã‚ƒã‚“ã“ã¯ãžãŖãĻるぎあãŖたīŧ
それはおéĸ¨å‘‚īŧ
毎æ—ĨぎようãĢåŧĩãŖãĻる、čŋŊį„šãæŠŸčƒŊæŦ˛ã—い、
č‰˛ã‚“ãĒå…Ĩæĩ´å‰¤č˛ˇãŖãĻきãĻ毎æ—ĨæĨŊしãŋãĒãŒã‚‰ã“ãŽč¨˜äē‹æ›¸ã„ãĻる(^_^)
ãĒんだ、čļŖå‘ŗあるやん。
勉åŧˇã¨ã‹ã‚‚したくãĒãŖãĻきた。

č‡Ēåˇąå¤‰éŠã‚’čĩˇã“しãĻいくぜīŧ

将æĨこうありたい プナイベãƒŧトįˇ¨

気分ぎæŗĸがæŋ€ã—い、こんばんはりんごです。


äģŠæ—Ĩはプナイベãƒŧトで将æĨこうありたいというæœĒæĨãŽåą•æœ›ã‚’æ›¸ã„ãĻãŋる。


čļŖå‘ŗややりたいことãĢå¤ĸ中ãĢãĒãŖãĻ、充原感ãĢæēĸれるį”Ÿæ´ģを送ること、それが僕ぎį›Žæ¨™ã€‚

čļŖå‘ŗãĢé–ĸしãĻã¯å‰ãŽč¨˜äē‹ã§ã‚‚少し書いたけお、少しé›Ŗã—ãč€ƒãˆã™ãŽãĒんだと思う。

、、、というかあんãĒãĢé›Ŗã—ãč€ƒãˆãĻたらæĨŊしいもぎもæĨŊしめãĒいよねīŧ(īŋŖâ–ŊīŋŖ)

äģŠæĨŊしいãĒãŖãĻ感じãĻるぎは、一äēēã§åą…é…’åą‹ã‚„ã€ãƒãƒŧãĢ行ãŖãĻéŖ˛ã‚€ã“と。

これがįĩæ§‹č‰˛ã€…ãĒäēēã¨ãŠčŠąã§ããĻæĨŊしい。

、、、掋æĨ­ã°ã‹ã‚Šã§ãĒかãĒã‹čĄŒã‘ãĒいぎが歯がゆいīŧ

ã‚ĢãƒĄãƒŠã‚‚æĨŊしいよ。

å–ļæĨ­ã§æ¯Žæ—Ĩč‰˛ã‚“ãĒところãĢčĄŒãã‹ã‚‰ããŽæ™‚ãĢã‚ĢãƒĄãƒŠã‚‚æŒãĄæ­Šã„ãĻ、写įœŸæ’ŽãŖãĻる。

éĸ¨æ™¯ã‚’撎るぎが大åĨŊき。

こぎ前は、新しいåŊŧåĨŗがæŦ˛ã—いīŧã€ã¨ã„ã†ã‚ˆã‚Šã‹ã¯č‰˛ã€…ãĒäēēã¨čŠąã‚’ã—ãĻãŋたい(できればåĨŗぎäēēがいいãĒあ〜←)ã¨ã€čĄ—ã‚ŗãƒŗãĒるもぎãĢ参加しぞした。

そこでäģ˛č‰¯ããĒãŖたį”ˇãŽå­2äēēと、意気投合しãĻ気ãĢãĒるåĨŗぎ子をčĒ˜ãŖãĻäēŒæŦĄäŧšãĢãžã§čĄŒããžã—ãŸã€‚

įĩæžœã¯ã€ã€ãžã‚うん。

åĨŗぎ子ãĢついãĻはäģŽãĢäģ˛č‰¯ããĒれãĻも、äģŠã¯č¤‡é›‘ãĒåŋƒåĸƒãĒぎで、ある意å‘ŗãģãŖとしãĻる。

そぎäģŖわり気さくãĒį”ˇå‹é”ができた。

すごくæē€čļŗ。


įĒį„ļ元恋äēēãĢついãĻčĒžã‚‹ã€‚

ã‚Šã‚“ã”ãĄã‚ƒã‚“ãŽå…ƒæ‹äēēさんは我が道を、åŋ…æ­ģãĢč€ƒãˆãĒãŒã‚‰é€˛ã‚“ã§ã„ãäēēだãŖた。

そんãĒč‡Ē分ぎčģ¸ãŒã‚ã‚‹äēēãĢ、čģ¸ã‚’æą‚ã‚ãĻいつもåŊˇåž¨ãŖãĻいた僕は惚かれた。

į‰šãĢäģŠåš´ã¯ã€äģ•äē‹ã§ã‚‚プナイベãƒŧトでもčģ¸ãŒãļぞくãŖãĻ、それãĢ呆れられたぎだと思う。

元恋äēēとåˆĨれãĻから、äģ•äē‹ã§ã‚‚プナイベãƒŧãƒˆã§ã‚‚å‰˛ã¨č‰˛ã€…ãĒ変靊をčĩˇã“しãĻきたと思う。

恋äēē〜〜īŧãŖãĻ感じだãŖたから、外ãĢį›Žã‚’向けることがãĒかãŖた。

そこは感čŦã€‚

ãŸã ã€ãžã å°‘ã—æ™‚é–“č¤‡é›‘ãĒåŋƒåĸƒã€‚

、、うãƒŧんというか、ただ䞝存しãĻるだけだãŖたぎかãĒīŧŸã¨ã‹ãŸãã•ã‚“č€ƒãˆãŸã‚“ã ã‘ãŠã€ã‚„ãŖãąã‚ãŽæˆ‘ãŒé“ã‚’čĄŒãã‚ãŽį”Ÿãæ–šãŒã™ã”くåĨŊきだãĒあãŖãĻ。

あんãĒäēēãŋたいãĢãĒりたいīŧãã†ã€č‡Ē分ぎčģ¸ã‚’æą‚ã‚ãĻいた僕ãĢとãŖãĻ、最éĢ˜ãĢかãŖこいいäēēだから、だからč‡ĒäŋĄã‚’持ãĻるようãĢãĒらãĒいと寞į­‰ãĢãĒれãĒい。

かãŖこわるいãŖãĻč¨€ã‚ã‚ŒãĻもあぎäēēぎことぞだåĨŊき。

、、、かãŖこæ‚ĒすぎãĻæŗŖけãĻきた。

ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€å¸¸č­˜ã‚’ã‚ããžãˆãĻるから大丈å¤Ģ。

į°Ąå˜ãĢは変われãĒいãŖãĻãŋんãĒč¨€ã†ã‘ãŠã€č‡Ēåˆ†ãŽå¸¸č­˜ã‚’äēēãĢåŊ“ãĻはめãĒいでæŦ˛ã—い。

č‡Ē分が変わãŖた先ãĢ、ぞたį¸ãŒã‚ればいい。


垌ろ向きãĢč€ƒãˆãĻしぞう時は、įĄįœ å‰¤ã§ã‚‚äŊŋãŖãĻåŧˇåˆļįš„ãĢ寝る。

č‡Ē分を変えãĻいこうとæąēめたから、毎æ—Ĩ1äēēéŖ˛ãŋ歊きや、ブログや、ã‚ĢãƒĄãƒŠã€å‹‰åŧˇãĒお、いつもやãŖãĻこãĒかãŖたことをやãŖãĻいく。

æ„č­˜ã—ãĻ変えãĻいこう。


とりあえず旊čĩˇãã—ãĻいこうかãĒ。

、、、ãģんとį”ŸãæĨだãĒ、

がんばろ。ãĩぁいおãƒŧīŧ


čļŖå‘ŗãŖãĻäŊ•ã ã‚ã†

もãŖとæĨŊãĢč€ƒãˆã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒりたい、こんばんはりんごです。


前エãƒŗトãƒĒãƒŧで、æŦĄãŽã‚¨ãƒŗトãƒĒãƒŧでプナイベãƒŧトぎことを攚めãĻč€ƒãˆãĻãŋると書きぞしが、äģŠå›žã¯ãƒ—ナイベãƒŧトぎことãĢもįš‹ãŒã‚‹ã‚šãƒ†ãƒƒãƒ—としãĻčļŖå‘ŗãĢついãĻč€ƒãˆãĻãŋる。


そもそもīŧčļŖå‘ŗとはãƒŧīŧ

個äēēがæĨŊしãŋãĢしãĻいること、らしい。

ãĄãĒãŋãĢ、こんãĒ記äē‹ã‚’æ›¸ããã‚‰ã„ã ã—ã€åžĄå¯Ÿã—ãŽé€šã‚Šã§ã™čļŖå‘ŗがãĒいです、、

いや、あるぎかãĒīŧŸį™ģåąąåĨŊきだし、一įœŧã‚ĢãƒĄãƒŠã§éĸ¨æ™¯ã¨ã‹æ’Žã‚‹ãŽåĨŊきだし、ナãƒŗニãƒŗグもåĨŊき、åŽļåē­čœåœ’大åĨŊき。

でも、これをčļŖå‘ŗã¨č¨€ãŖãĻいいぎか、僕ぎæ‚Ēいところで、ãĒんでもかんでもį†åąˆã§č€ƒãˆã‚‹ã€‚

僕ぎ中ぎčļŖå‘ŗãŽã‚¤ãƒĄãƒŧジは、そぎčļŖå‘ŗãĢå¤ĸ中ãĢãĒãŖãĻ、寝る間も惜しんでそぎことãĢ時間をč˛ģやすこと。

そぎč‡Ē分ぎ厚įžŠã‹ã‚‰ã™ã‚‹ã¨ã€ãŠã‚Œã‚‚あãƒŧめãŖãĄã‚ƒã“ã‚Œã‚„ã‚ŠãŸã„īŧã¨ã¯ãĒらãĒいし、äŊ•ã‹æš‡ã ãĒあ〜あãƒŧあれやるかãƒŧくらい。

â€ĻåŽļåē­čœåœ’はあãƒŧやりたいīŧãŖãĻãĒãŖãĻたけおねīŧäģŠã¯åœŸåœ°ãŒãĒいからできãĒいīŧ

éĢ˜æ Ąį”Ÿã‹ã‚‰å¤§å­Ļį”ŸåŠã°ãã‚‰ã„ぞではあんãĒãĢã‚ĸãƒ‹ãƒĄã€ãƒŠãƒŽãƒ™ãĢはぞãŖãĻたぎãĢãĒãƒŧ。

あぎå¤ĸ中ãĢãĒãŖãĻた感čĻšã‚’čļŖå‘ŗというãĒら、äģŠãŽį™ģåąąã‚„ã‚ĢãƒĄãƒŠã¯ãŠéŠãŗãŋたいãĒかんじ。

個äēēがæĨŊしãŋãĢしãĻいること、、そもそもæĨŊしいãŖãĻおんãĒ感情だãŖけ、、

だめだ、すずãĻį´°ã‹ãåˆ†č§ŖしãĻč€ƒãˆã‚‹į™–ã‚’į›´ã•ãĒいとäŊ•ã‚‚æĨŊしめãĒい。


čļŖå‘ŗ、というかč‡Ēåˆ†ãŒæ‰“ãĄčžŧめるäŊ•ã‹ãŒãĒいから、č‡Ē分ぎčģ¸ã‚’įŊŽãã¨ã“ろをäģ–者ãĢæą‚ã‚ãĻ䞝存しãĻしぞう。

充原感を垗ることäģ–者äģĨ外ぎもぎから垗ることが大äē‹ã€‚

だから、čļŖå‘ŗがåŋ…čĻãĒんだと思う。

å¤ĸ中ãĢãĒãŖãĻäŊ•ã‹ãĢ一į”Ÿæ‡¸å‘ŊãĢãĒãŖãĻる時ぎč‡Ē分がåĨŊき。

äŊ•ã‹ãĢ悊んでåŗ垀åˇĻ垀しãĻるč‡Ē分はåĢŒã„。


とりあえず、変わるためãĢ一äēēã§åą…é…’åą‹ã¨ã‹ã§éŖ˛ã‚“でãŋることãĢ挑æˆĻしãĻる。

ã“ã‚ŒãŒãžãŸč‰˛ã€…ãĒäēēã¨ãŠčŠąãŒã§ããĻæĨŊしい。

ã‚ĢãƒĄãƒŠæŒãĄæ­Šã„ãĻå–ļæĨ­ãĢいこãƒŧ。


悊んでたãŖãĻäģ•æ–šãĒい。

čĄŒå‹•ã‚ã‚‹ãŽãŋ。

変わるとæąēめたんだから、やりとおす。


äģĨ上、ブログがčļŖå‘ŗãĢãĒりつつあるりんごでしたãƒŧ⭐ī¸Ž



将æĨこうãĒりたいというæœĒæĨ像

逃げæĨãĒらãŦ、į”ŸãæĨ、こんばんはりんごです。


こぎブログでこぎīŧ‘åš´čģĸčˇã‚„ã‚‰äŊ•ã‚„らで、やたらとäēēį”Ÿčŋˇčĩ°ãŖãˇã‚Šã‚’æ™’ã—ãĻきたんだけれお、攚めãĻč‡Ē分は将æĨおうãĒりたいぎか、äģ•äē‹ã¨ãƒ—ナイベãƒŧãƒˆã‚’č€ƒãˆãĻãŋる。

こぎäēēį”Ÿčŋˇčĩ°æ™‚期ãĢäŊ•ã‹å¤§ããĒæąē断をしようとしたぎは、æ­Ŗį›´é–“違いだãŖたと思ãŖãĻる。

けれお、į„Ąį†ãĒもぎはį„Ąį†ã¨čĄŒå‹•ãĢį§ģしたぎは大きかãŖた。

りんごくんぎįĻå˛Ąã€å–ļæĨ­į”Ÿæ´ģはäģŠåš´ã§įĩ‚わりがįĸē厚しぞした、、

ãģんとこんãĒæĨ晒しãĢ渊かいåŖ°ã‚’かけãĻãã‚ŒãŸä¸Šå¸ãŸãĄã¯ã€ãŠã†ã‹ã—ãĻる。

č‰¯ã„äēēãŸãĄã™ãŽã‚‹ã€‚


č‡Ēåˆ†ã¯ã‚‚ã†é•ˇã„ã“ã¨ãšãŖと、č‡Ē分ぎやりたいことãŖãĻäŊ•ã‹ãĒãŖãĻč€ƒãˆãĒがらį”ŸããĻきた。

į ”įŠļčˇãŽæ™‚ã‚„ã‚ŠãŸã„ã“ã¨ã¯ã“ã‚Œã īŧã¨æ€ãŖたけお、å–ļæĨ­ãĢãĒãŖãĻæœŦåŊ“ãĢį ”įŠļčˇã§ã‚„ãŖãĻたことがやりたいことãĒぎかãĒとかč‡Ē分でč‡Ē分をåĻ厚しãĻきた。

けお、č‡Ē分åĻ厚はもうやめる。

僕はぞだぞだこぎ世ãĢæēĸれãĻるįŸĨらãĒいこと、éĸį™ŊいことをčŋŊæą‚ã—ãĻいきたい。

そしãĻそこで垗たįŸĨč­˜ã‚„æŠ€čĄ“ã‚’é‚„å…ƒã—ãĻいきたい、これが僕ぎäģ•äē‹ã§ãŽâ€œčģ¸â€ã§ã‚る。

å–ļæĨ­ãĢãĒãŖãĻįžå ´ãŽįŠļæŗã€å•éĄŒį‚šã€ãŠã‚“ãĒæŠ€čĄ“ãŒæą‚ã‚ã‚‰ã‚ŒãĻいるぎかをįŸĨることができたぎはæœŦåŊ“ãĢč‰¯ã‹ãŖた。

ããŽå•éĄŒį‚šã‚„å›°ãŖãĻることをč‡Ē分ぎ手でč§ŖæąēしãĻいきたい。

そしãĻäēēį”Ÿã¯é•ˇã„けおč‹Ĩい時間はįŸ­ã„ぎで、我儘ãĢãĒã‚“ã¨č¨€ã‚ã‚Œã‚ˆã†ã¨į”Ÿãã‚‹ã“としぞした^^;

äŧšį¤žã¨ã„うもぎがそんãĒį”˜ã„ことをčĩĻすわけãĒいぎはįŸĨãŖãĻãžã™ãŒã€č­˛ã‚ŒãĒã„ã‚‚ãŽã¯ã“ãĄã‚‰ã¨ãĻある。

こんãĒæˆ‘å„˜č¨€ãŖãĻį•°å‹•ã•ã›ãĻくれるぎはありがたい。

全力でį”˜ãˆãĻ、そしãĻ万全ãĒįŠļ態ãĢãĒãŖた時動きå‡ēそう。

č‡Ē分ぎį´åž—する道ãĢ。

それがäģŠãŽäŧšį¤žãĢ掋るかčģĸčˇã™ã‚‹ã‹ã¯æĨåš´ãĢæŒãĄčļŠã™ã€‚

あと数ãƒļ月、äŋēは全力でäŧšį¤žãĢしがãŋつくīŧ(かãŖこæ‚Ēい)

やりたいことはäŊ•īŧŸãŖãĻいつもæŽĸしãĻたけお、やりたいことすぐ側ãĢあãŖたぎãĢ、čĻ‹ãˆãĻãĒかãŖた。

æŠ€čĄ“ãŽčŠąã€čž˛æĨ­ãŽįžå ´ã§ãŽå•éĄŒãã†ã„ãŖãŸčŠąãĢãĒるとäŋēį›Žã‚’čŧã‹ã›ãĻるらしい(上司いわく)

ただ、やりたいことをčŋŊæą‚ã™ã‚‹ãŽã¯č‰¯ã„ã‘ãŠã€æˆ‘æ…ĸはčĻšãˆãĒくãĻã¯ãƒ€ãƒĄã ã€‚

一åēĻį„Ąį†īŧãŖãĻãĒると全ãĻがį„Ąį†ãĢãĒるそこはį›´ã™ã€‚

そしãĻã„ãã‚‰æŠ€čĄ“ãŒã‚ãŖãĻもčŖŊ品をåŖ˛ã‚‰ãĒきゃごéŖ¯ãŒéŖŸãˆãĒいということもį†č§ŖしãĒã„ã¨ãƒ€ãƒĄã ã€‚

あãƒŧ、į’°åĸƒč¨ˆé‡åŖĢį”ŗしčžŧãŋåŋ˜ã‚ŒãŸãƒŧ、

勉åŧˇã—ãĻしたいãƒŧīŧ


掋りわずかãĒå–ļæĨ­į”Ÿæ´ģ。

もう最前įˇšã§äģ•äē‹ã‚’することはãĒいだろうし、äģŠãŽã†ãĄãĢå­Ļずるもぎは全力で吸収する。

ãĒりたいäģ•äē‹åŽŸã¯ã‚るから、それãĢ向けãĻ勉åŧˇã—よう。

とりあえず、äģ•äē‹ã§ãŽč‡Ē分ぎčģ¸ãĢ気äģ˜ã‘たことãĢé–ĸしãĻはįĻå˛ĄãĢæĨãĻ感čŦãŽæ°—æŒãĄã§ã„ãŖãąã„ã€‚


プナイベãƒŧトãĢé–ĸしãĻã‚‚č€ƒãˆãŸã‘ãŠã€é•ˇããĒりそうãĒぎでæŦĄãŽã‚¨ãƒŗトãƒĒãƒŧでīŧ


ãĄã‚ƒãŠđŸŒŸ



é€€čˇã‚’äŧãˆãĻからぎ、įžåœ¨ãŽã‚Šã‚“ã”ãĄã‚ƒã‚“ãŽåŋƒæƒ…

ブログで醜態を晒すプãƒŦイãĢはぞãŖãĻぞすりんごです。

đ ŽŸå’¤ã”æ„čĻ‹ã¯ã‚ŗãƒĄãƒŗトãĢãŠéĄ˜ã„ã—ãžã™īŧ

(å‚ˇã¤ãã‚„ã™ã„ã‹ã‚‰æ°—ã‚’ã¤ã‘ãĻね❤ī¸)


と、❤ī¸ãƒžãƒŧクをäģ˜ã‘られるくらいãĢは回垊した。


昨æ—Ĩも支åē—é•ˇã¨å°‘ã—ãŠčŠąã—ãŸã€‚

希望をåļえãĻあげられるよう取įˇ åŊšãĢã‚‚čŠąã‚’įš‹ã’たからと。

一昨æ—Ĩぎ夜、æœŦį¤žãĢã„ã‚‹åŒæœŸã‹ã‚‰čžžã‚ã‚‹ãŖãĻčžã„ãŸã‘ãŠãģんとīŧŸãŖãĻé€ŖįĩĄããžã—た。

晎æŽĩé€ŖįĩĄå–り合うようãĒãĒäģ˛ã§ã¯ãĒい(äģ˛ãŒæ‚ĒいわけでもãĒい)ぎで、įĒį„ļé€ŖįĩĄããĻ銚いた。

įĸē原ãĢåƒ•ãŒčžžã‚ãŸã„ã¨äŧãˆãŸã“とはįŸĨã‚Œæ¸ĄãŖãĻる。

こぎ中でį•°å‹•ã—ãĻ果たしãĻやãŖãĻいけるぎか、æ­Ŗį›´č‡ĒäŋĄãĒい。


ã‚ļゆとりīŧ

ゆとり世äģŖãĒぎãĢ、åŋƒãĢゆとりãĒいです(ã†ãžã„ã“ã¨č¨€ãŖた)

昨æ—ĨはおåŽĸさんとéŖ˛ã‚“でぞした。

おåŽĸさんからはおぞえはäģ•äē‹ãŽčŠąã—かしãĒいから、逆ãĢå°čąĄãĢ掋ãŖãŸã‚ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĄã‚ƒãŖた。

それでčĻšãˆãĻもらうぎはいいかもだけお、æœŦåŊ“ãĢäģ•äē‹ãŽčŠąã—かできãĒい。

お酒å…Ĩる前とか静かすぎãĻ、äŊ•čŠąã—ãĻいいぎかわからãĒい。

開į™ēã¨ã‹æŠ€čĄ“ãŽčŠąãĢãĒるとéŖŸã„つく、ある意å‘ŗæŦ˛æœ›ãĢåŋ åŽŸãĒんですよね、。

いつもč‡Ē分ではč‡Ē分ぎことをやりたいことがãĒい、å¤ĸ中ãĢãĒれãĒいと思ãŖãĻたけお、存外å¤ĸ中ãĢãĒãŖãĻこだわãŖãĻるもぎがあるんだということをįŸĨれãĻよかãŖたかもしれãĒい。


æ‚Ēãč¨€ã†ã¨é ‘å›ē。

もãŖとæĨŊãĢč€ƒãˆã‚‰ã‚Œã‚Œã°ã„ã„ãŽãĢ。

頑å›ēで一åēĻå¤ĸ中ãĢãĒるとそればかりčŋŊう性æ ŧãĒぎで、テ゚トやčŗ‡æ ŧčŠĻ験ãĒんかãĢはåŧˇã‹ãŖた。

朝から晊ぞで毎æ—Ĩå›ŗ書館ãĢįŧļčŠ°ã—ãĻ、勉åŧˇã—ãĻ、įŠēいた隙間をčĻ‹ã¤ã‘ればäžŋ刊するã‚ŋイプ。

ダイエットもはぞãŖãĻ、3か月でį´„30キロčŊとしたことある。


č‰¯ã„äŧšį¤žã ã‘お、æĨ­į•ŒãŽå‹•ãã‚’čĻ‹ãĻいるとおうãĒるぎかãĒīŧŸã¨ã‹æ€ã†ã€‚

äŊ•ãŽãŸã‚ãĢ働くぎか、čģ¸ã¯ã‚‚ãĄã‚ã‚“č‡Ē分ぎį”Ÿæ´ģやč‡Ē分ぎためãĢįŊŽãã‘お、少しは外ãĢ向けるぎもæ‚ĒいわけじゃãĒい。

čĻã¯ãƒãƒŠãƒŗã‚šãŽå•éĄŒã€‚

åŽŗしいæĨ­į•Œã ã‘お、もãŖと包æ‹Ŧįš„ãĢé–ĸわれるäģ•äē‹ã‚’したいãĒと思う。

ã„ãĄčŗ‡æãŽã„ãĄãƒĄãƒŧã‚ĢãƒŧとしãĻではãĒく、ね。

äģ•äē‹ãĢばかりį›Žã‚’向けるぎはやめる。

č‡Ē分を大切ãĢしたい。


å¤ĸがありぞす

将æĨはåĨĨさんと子䞛とäģ˛č‰¯ãæ˜Žã‚‹ã„åŽļåē­ã‚’į¯‰ããŸã„、䚙åĨŗãĒぎで。

慎ぞしくãĻもいいから、įŦ‘éĄ”ãŽįĩļえãĒいおäē’ã„ãŽã“ã¨ã‚’ãĄã‚ƒã‚“ã¨į†č§ŖしãĻã€äžĄå€¤čĻŗをæŠŧしäģ˜ã‘ãĒいで尊重しあえる、そんãĒ明るいåŽļ族をäŊœã‚ŠãŸã„。

ã‚Šã‚“ã”ãĄã‚ƒã‚“ã¯ãŠã†ãĄã§čļŖå‘ŗぎåŽļåē­čœåœ’ã‚„ã‚ŠãĒがら、一įœŧでč‡Ēæ…ĸãŽčœåœ’ã‚’æ’ŽåŊąã—ãĻイãƒŗã‚šã‚ŋとかãĢあげる。

収įŠĢã§ããŸé‡Žčœã‚’åŽļ族ãŋんãĒでéŖŸãšã‚‹ã€‚

最éĢ˜ã ã€‚


とりあえず、æĨをしぎんでį•°å‹•ã•ã›ãĻもらえるãĒら、į•°å‹•ã™ã‚‹ã€‚

そこで少しäģ•äē‹ã‚’しãĻ、čģĸ聡æ´ģ動したいと思う。

もしかしたらこぎäŧšį¤žæœ€éĢ˜ãŖãĻãĒãŖãĻčģĸ聡ãĒんãĻč€ƒãˆãĒくãĒるかもしれãĒい。

先ぎことは分からãĒã„ã‘ãŠã€č€ƒãˆã™ãŽãĻぞたうつįŠļ態ãĢはãĒりたくãĒい。

äģŠã§ãã‚‹į˛žä¸€æ¯ã‚’į”Ÿãã‚‹ã€‚


ハイãĒč‡Ē分がåĨŊきだから旊くãĒりたい、けお、äģŠåēĻã¯ãĄã‚ƒã‚“ã¨ãƒ–ãƒŦãƒŧキをかけられるハイãĢãĒりたいãĒ。

嚸せãĢãĒりたい、ãĒるようãĢがんばる

äŧšį¤žãŽäēēãŸãĄãŽæ¸Šã‚‚ã‚Š

こんãĢãĄã¯ã‚˛ã‚­ã ã•ã‚Šã‚“ã”ã§ã™ã€‚


æœŦæ—Ĩは支åē—é•ˇã¨éĸčĢ‡ã‚’した。

ãĒんか、ぞた怒られãĒかãŖた。

逆ãĢ支åē—é•ˇã‚‚čŠąã‚’čžã„ãĻくれãĻ、į›¸čĢ‡ãĢ乗ãŖãĻくれた。

僕はį ”įŠļã€æŠ€čĄ“ãĢこだわりすぎãĻいãĻã€č‰¯ã„æŠ€čĄ“ã€č‰¯ã„čŖŊ品ãĒらåŋ…ずおåŽĸ様ãĢ財ãŖãĻもらえるīŧã¨æ€ã„こんでいãĻ、原際ãĢå–ļæĨ­ã‚’įĩŒé¨“ã™ã‚‹ã¨ã€æŠ€čĄ“ã‚‚å¤§äē‹ã ã‘おそれより大切ãĒぎはおåŽĸ様とぎã‚ŗミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗ、äŋĄé ŧé–ĸäŋ‚ãĒんだというゎãƒŖップãĢį´åž—できãĻいãĒかãŖた。

č‰¯ã„čŖŊ品でおåŽĸ様ぎためãĢãĒるäģ•äē‹ã‚’、こぎį†æƒŗばかりčŋŊいかけãĻきた。

ãŠã“ã‹ãŽæŸã‚˛ãƒŧムぎä¸ģäēēå…ŦãĢæœĒæĨぎä¸ģäēēå…Ŧが告げる、『į†æƒŗæŠąã„ãĻæēēæ­ģしろ』が頭をよぎるね、、、

č‡Ē分がį”Ÿãã‚‹ãŸã‚ãŽį†į”ąã‚’外ãĢčĻ‹å‡ēすからこうãĒる。


支åē—镡ãĢã¯é•ˇã„į¤žäŧšäēēį”Ÿæ´ģを送ãŖãĻいけばきãŖと、りんごくんも分かãŖãĻくる。

čžžã‚ã‚‹ãĢは惜しい、č‡Ēåˆ†ã‚‚æ˜”čžžã‚ã‚ˆã†ã¨æ€ãŖたりした、1äēēもäŧšį¤žãĢį›¸čĢ‡ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ãĒč‹ĨいäēēもいãĒくãĻå¯‚ã—ã„æ°—æŒãĄã‚‚ã‚ã‹ã‚‹ã€ã¨ãĒんでたかだか2、3嚴ぎ新äēēãĢ、äŧšį¤žãĢäēēもäŊ™ãŖãĻã‚‹ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻる中、そんãĒãĢ気ãĢかけãĻくれるぎか分からãĒかãŖた。

é–ĸæąčŋ‘く、į ”įŠļや品čŗĒįŽĄį†ãŽäģ•äē‹ãĢį•°å‹•ã§ããĒいかかけあãŖãĻãŋã‚‹ã¨ãžã§č¨€ã‚ã‚ŒãŸã€‚

ãĒんでīŧŸčžžã‚ã‚ˆã†ã¨ã€äŧšį¤žãĢčƒŒã‚’å‘ã‘ãŸãŽãĢãĒんでそこぞでしãĻくれるぎīŧŸ

情けãĒさすぎãĻ、æœŦåŊ“はæļˆãˆãĻしぞいたいくらいだãŖた。

こぎäģ•äē‹ãŒåĢŒīŧã‚ãŖãĄãŒã„ã„īŧãŖãĻ子䞛ãŋたいãĒã“ã¨č¨€ãŖãĻるč‡Ē分ãĒんãĻさãŖと、わかãŖたはいさようãĒらãŖãĻしãĻくれれば、äŧšį¤žãŽč˛ æ‹…ãĢãĒらãĒいぎãĢ。

支åē—ãŽãŠčˇį‰ŠãĢãĒãŖãĻるだけãĒぎãĢ。

かãŖこæ‚ĒくãĻ、バã‚Ģãŋたいだおれ。


äģ•äē‹ã¯į”Ÿãã‚‹ãŸã‚ãĢ、į”Ÿæ´ģするためãĢやるんだよ、į”Ÿæ´ģとäģ•äē‹ã¯50:50ãã‚‰ã„ã§ã„ã„ã—ã€æ°—æŒãĄãŒäš—ã‚‰ãĒい時はäŧšį¤žãĢおんãļされãĻおけばいい、そしãĻ元気ãĢãĒãŖた時恊をかえせばいいんだよ、äŧšį¤žãŽãŸã‚ãĢとãƒĻãƒŧã‚ļãƒŧぎためãĢとįŸ­ã„į¤žäŧšäēēįĩŒé¨“ぎ中で、äģ•äē‹ã‚’しãĻきた僕ãĢとãŖãĻ、ぞさãĢ青夊ぎ霚靂ãĒč¨€č‘‰ã§ã‚ãŖた。

そんãĒことでįĩĻ料をもらうぎはč‡Ēåˆ†ãŒč¨ąã•ãĒいそう感じた。


äŊ•ã‚ŒãĢしãĻもįĻå˛Ąã§ãŽå–ļæĨ­ã¯äģŠåš´ã§æœ€åžŒã ã‚ã†ã€‚

æœŦåŊ“ãĢこぎ選択č‚ĸで間違いãĒかãŖたぎかãĒ。

å–ļæĨ­ã¯æˆ‘æ…ĸすればできたんじゃãĒいぎかãĒã¨ã‹ã€č€ƒãˆã‚‹ã€‚

我æ…ĸができãĒいおうしようもãĒさすぎる。


ねえ、čĒ°ã‹æ•™ãˆãĻよ、ãĒんãĻč€ƒãˆãĻる時į‚šã§ãƒ€ãƒĄãĒんだよ。


æļˆãˆãĻしぞいたい

䞝存、čģĸ勤、å–ļæĨ­ã€äģ•äē‹ãŽæ„įžŠ そぎ2

もしかしたら元恋äēēぎčŋ‘くでå–ļæĨ­ã ãŖたらおうãĒãŖãĻたかãĒã¨č€ƒãˆãŸã‘ãŠã€æ„å¤–ãĢå‡ēæĨるんじゃãĒいかãĒとは思う。

é–ĸæąãĒら友達もいるし、ワイワイしãĒがらå–ļæĨ­ã§ããŸãŽã‹ã‚‚しれãĒいけお、でもそれはäģŠčĩˇããŸå•éĄŒã‚’先送りしãĻるだけでいずれ同じįĩæœĢãĢãĒãŖãĻただろう。


それもこれもč‡Ē分ãĢč‡ĒäŋĄãŒį„Ąã„ことからくるもぎãĒぎだろう。

č‡Ē分ãĢč‡ĒäŋĄãŒį„Ąã„→į›¸æ‰‹ãĢčĒã‚ãĻもらいたい→į›¸æ‰‹ãŽãŸã‚ãĢ頑åŧĩã‚‹â†’č¤’ã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹â†’åŦ‰ã—いもãŖã¨č¤’ã‚ã‚‰ã‚ŒãŸã„ã‹ã‚‰į›¸æ‰‹ãŽãŸã‚ãĢ頑åŧĩるぞīŧã€č‡Ē分はそこãĢはį„Ąã„。

ã™ã”ã„ã­ãŸãˆãĄã‚ƒã‚“ã€ã€ã‚Šã‚“ã”ãĄã‚ƒã‚“ãŖãĻåŽŸã¯č™šåƒã ãŖたぎかもīŧ


いろいろį…ŽčŠ°ãžã‚Šã™ãŽãĻ、じゃあäģ•äē‹ãŖãĻäŊ•ãĒã‚“ã ã‚ã†ã¨ã‹č€ƒãˆã ã™å§‹æœĢ。

äģ•äē‹ã§ã“ういうことを原įžã—たいīŧã“うãĒりたいīŧãŖãĻč€ƒãˆãĻたからå–ļæĨ­ãĢãĒãŖãĻ反į™ēしãĻた。

でもäŧæĨ­ã§åƒãäģĨ上、čģĸå‹¤ã‚‚čˇį¨Žå¤‰æ›´ã‚‚ありうることだし、äģ•äē‹ãĢ寞しãĻこうあるずきīŧãŖãĻč€ƒãˆãĻると働けãĒいんじゃį„Ąã„かãĒとか。

äģ•äē‹ã¯ã‚くぞでäēēį”Ÿã‚’充原させるためぎ手æŽĩであãŖãĻ、į›Žįš„ではãĒい、こんãĒãĩうãĢč€ƒãˆã‚‰ã‚ŒãŸã‚‰į”Ÿãã‚„すいぎかãĒ。

äģ•äē‹ãŖãĻäŊ•ãŽãŸã‚ãĢやるんだ、やりたいことãŖãĻãĒãĢ、、、うつį—…一歊手前やãŖãģãƒŧ。


僕ぎ性æ ŧは0か100です。

100ぎ時はハイテãƒŗã‚ˇãƒ§ãƒŗすぎãĻ周りãĢã¯ã†ã–ã„ã¨č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã€‚ã‘ãŠã€100ぎ時はãĒã‚“ã§ã‚‚å‰å‘ãã§č‰˛ã‚“ãĒことãĢ挑æˆĻしたくãĒる。

0ãĢãĒるとãĒãĢãĢ寞しãĻもやる気がčĩˇããĒい。周りが怖い。テãƒŗã‚ˇãƒ§ãƒŗが上がらãĒいからäŧščŠąãŒã§ããĒい。

中間はãĒい。į™Ŋéģ’でしかあらわせãĒい。


äģŠãŽ0ぎ性æ ŧã‹ã‚‰č„ąå´ã™ã‚‹ãŽã¯į°Ąå˜ã€‚

äģŠãŽį’°åĸƒã‹ã‚‰č„ąå‡ēすればいい。

常ãĢ100ぎč‡Ē分でいたい。

0ぎč‡Ē分はさよãĒら。

č§Ŗæąēæ–šæŗ•ã¯į°Ąå˜ã ã‘おそれはあくぞで一時凌ぎãĒんだよね。

æ šæœŦを変えãĒいとãĒんお同じことãĢãĒãŖãĻも変わらãĒい。

č‡Ē分をæĨŊã—ãžã›ã‚‹čĄ“ã‚’įŸĨらãĒいと。

昔はã‚Ēã‚ŋクčļŖå‘ŗã˛ã¨ã™ã˜ã ãŖたぎãĢãĒんでこうãĒãŖたぎやら。

けお、やãŖãąã‚ŠäģŠãŽį’°åĸƒã ã¨åŠ›ãŒã‚ã‹ãĒい。

やるぞãƒŧīŧãŖãĻときはåŋƒãŽåē•ã‹ã‚‰æ°—æŒãĄãŒæēĸれãĻきãĻã‚ŗãƒŗトロãƒŧãƒĢできãĒいんだけお、それがãĒい。

ãģんと我ãĒがらį”ŸããĢくくãĻã€æ‰ąã„ãĢくいこころでお手上げです。。

性æ ŧぎ大元は変えられãĒいと思うけお、æ­ĒãŋをįŸ¯æ­ŖすることくらいはできるとäŋĄã˜ãĻる。

あとはį˛žįĨžãŽã‚ŗãƒŗトロãƒŧãƒĢãŽčĄ“ã‚’čēĢãĢつけることだよね。


įĢļäē‰ãŒč‹Ļ手だから、おåŽĸã•ã‚“ã‹ã‚‰č‰¯ã„čŖŊ品ãĒいīŧŸãŖãĻčžã‹ã‚ŒãĻã†ãĄã‚ˆã‚Šäģ–į¤žãŽæ–šãŒé­…力あるãĒãŖãĻ思ãŖたらそãŖãĄį´šäģ‹ã—ãĄã‚ƒã†ã‚ĸホå–ļæĨ­ãƒžãƒŗです。

最įĩ‚ãƒĻãƒŧã‚ļãƒŧぎためãĢäģ•äē‹ã‚’ã—ãŸã„ã€ãã†č€ƒãˆã‚‹ã¨äēēぎためãĢäģ•äē‹ã‚’するå…Ŧå‹™å“ĄãĢすこし憧れる。

čžžã‚ã‚‹ã‹ãŠã†ã‹ã€ãĒんかうつį—…ぎ可哀æƒŗãĒäēēぎãƒŦッテãƒĢč˛ŧãŖãĻもらãŖãĻ原åŽļčŋ‘ããŽčˇå ´ãĢį•°å‹•ã•ã›ãĻもらえãĒかé ŧんで、į•°å‹•ã§ããŸã‚‰ãã“でčģĸ聡æ´ģ動しようかãĒとか思ãŖãĻる。


äģĨä¸Šã€ã‚˛ã‚­ã ã•ãĒã‚Šã‚“ã”ãĄã‚ƒã‚“ãŽæ°—æŒãĄã§ã—ãŸã€‚

嚸せãĢãĒりたいãĒ。